1
Webサイト 所在地:富山県高岡市

初めて質問します。

バイクは1978年式 FXS1200 ローライダーオリジナルです。

5か月前に手に入れてから、毎週末メンテナンス(オーバーホール)を行い、4か月かけてようやく走れる状態になりました。(現在の走行距離 約1,000マイル(1,600km)

すべてのハーネス、電気系パーツ、オイルライン、ブレーキ関係、プッシュロッド等々、ほとんどばらしてメンテナンス(交換)を行いました。

キャブはCV、点火はフルトラ化(dynatek 2000i)+ VOES仕様にしています。

エンジンはいたって快調ですし、アイドリングも安定、その他気になるところはありません。

しかしながら、タイトルのとおり1,500rpmくらいで走行すると(2~4速いずれも)、ザッ、ザッ、ザッという音がして走行がギクシャクします。(たとえば3速、時速30マイル(48km/h)の回転数は1,500rpm)

クラッチを切るとその症状はなくなるので、もしかしたらクラッチがすべっている等の問題なのか・・・


4速、40マイル(64km/h)を超えると回転数が早くなるからだと思いますが、それがほとんど気にならなくなります。

クラッチシェル、ハブ、プレート等も取り換えています。

また旧タイプのスローアウトベアリング&プッシュロッドに変更してあります。

原因はクラッチに関係すること(プレッシャープレートのスプリング圧縮不足とか)なのでしょうか。

よろしくお願いします。

さんが回答