いいね!をもらった
2019年6月17日 10
回答しました
加速ポンプノズルの疑問です。

加速ポンプはアクセル煽らないとガソリンが出てきません。実は内部構造上ちゃんと吸われても出てこない構造となっていたはずです。んで、これが逝かれるとちょろちょろと垂れ流されます。これについては過去に組みミスして垂れ流しになった記憶がうっすらありますので間違いないと思います。と、とりあえず今はこう書いておきます。

2019年6月17日 5
回答しました
CVキャブのチョークから流れるガソリンの量

難しい問題ですねーCVやSU、Eキャブなんかのエンリッチナー通路があるやつなら純粋な量と考えると多分加速ポンプの勝ちじゃないかなと思います。でも純粋なテストもおそらく無理です。O2センサーつけてAFR見てればできるかなともったんですが、エンリッチナーと同量の空気を吸わせつつ加速ポンプを動かすって離れ業をやらないと純粋なガソリンの量はわからないので、これもまた現実的な方法ではないでしょう。サンダーマックスで本気出してやったとしても…わからんだろうなならなんで加速ポンプの勝ちかなっててのは、それこそCVで加速ポンプのアクセル側の棒を外して手動加速ポンプにしたときの作動感っていいますか、そこからです。この方法ですと燃料が濃くなってエンジン止めることも可能ですが、そもそも空気の量が少ないし…う~~~~ん難しいです。なんか書いているうちにやっぱチョークに軍配があがるんじゃね?とかも思ってしまう。でも加速ポンプだと思います!あんなピューピューガソリン出てたらアイドリング程度の回転じゃやってられんと思います!

2019年6月17日 5
いいね!をもらった
2019年6月17日 10
回答しました
エンジンオイルの量を少なめにして問題になりますか?

大丈夫と言い切りたくないんですが、小さいオイルタンクつけてそれぐらいのオイルで走っているのは何台もいるんで問題ないんでしょう純正の6Vタンクとかでも2.5Lはいるかどうかで走っていますしねなんで大丈夫だと思います。

2019年6月17日 5
いいね!をもらった
2019年6月17日 10
回答しました
エンジンオイルの量を少なめにして問題になりますか?

あくまでも一般論ですが、ハーレーのようなドライサンプの場合オイルが極端に少ない場合を除けばオイルの劣化が早い(十分な弊害ですが)ってのが一つになります。もしあまりにも少ない、例えば走行中に行きのオイルラインが空気中に出てしまうような場合であれば当然オイルが行かない時間ができて…まぁお察しの問題が起きるでしょう。逆に多すぎる場合はドライサンプの場合オイルタンクから猛烈にオイルが溢れる憂き目にあいます。一般的なエンジンのウエットサンプの場合、規定量より少ないと意外とあっという間にオイルが吸えなくなりひどい目にあいます。んじゃ多い場合はって言うとオイルハンマーとかウォーターハンマーなる恐ろしい現象が起きます。これはオイルや水は常識的な力では圧縮不可なため、必要以上に入っているオイルなどがピストンのダウンストローク時に邪魔をしてピストンやコンロッドなどの重要部品に修理不可能なほどのダメージを与える現象です。基本的に洪水なんかで水没したエンジンなんかでよく聞く話ですが、オイルでも当然起きます。なんでウエットサンプの場合はオイルが少ないより入れすぎが怖いと言われる所以です。ただし、ハーレーのようなオイルタンクが外部にあるエンジンではこの現象はまず起きませんのでご安心を。でもエンジン内を回って空気の泡をたくさん内包しオイルタンクの蓋を押し上げ滝の如く流れる出るオイルはそれはそれで後始末が大変なので、くれぐれも入れすぎには注意してください。...

2019年6月17日 5
いいね!をもらった
2019年6月16日 10
回答しました
ダイナSの火花が飛ぶ領域(点火調整)

え~、只今何件かのバイク屋さんを巻き込み混乱状態です。皆様の意見を集約し答えがで次第またまとめて書き込みたいと思いますが、管理人も含めてみんないろんな考え方をしててまとまる要素が全然ない状態です…今しばらくお待ち下さい。

2019年6月16日 5
いいね!をもらった
2019年6月9日 10
回答しました
ダイナSの火花が飛ぶ領域(点火調整)

・A:重くなる所が短いVer・B:重くなる所が長いVerこれ、個人的にフロントとリアだと思ってました。重くなるってかカチッとした感じとダラダラした感じってことで、Aがフロント、Bがリヤのイメージです。アクセル全開の空キック時は如実にわかるので、何かの機会にこれがどっちの圧縮なのか確認してみようと思います。

2019年6月9日 5
いいね!をもらった
2019年6月7日 10
回答しました
ダイナSの火花が飛ぶ領域(点火調整)

回答が遅くなりました。まず、キックでエンジンをかけるときにどこにピストンがあるとかかりやすいかが何故か話題の中心になっていたかと思います。んで、出した結論としてはリアの点火手前で踏めばフロントが爆発していい感じになりそうだとって事で一旦終わりかとおもったんですが、これだとハーレーの爆発タイミングが致命的に抜けた話となってしまってました。ハーレーはフロントが爆発した一回転後にリア、リアが爆発した一回転後(正確には一回転ではないんだけど、便宜上ここはこんな定義にしておきます)に爆発をします。で、ハーレーのキックの場合どんなに上から踏み降ろした場合でもせいぜい1/2回転、通常ってか大体の人がかける場合のキックレバーが地面に対してほぼ水平ぐらいからの踏み降ろしの場合、おそらく1/3回転とかその程度しかクランキングしません。これでは今までの結論である、リアの圧縮上死点から踏み込んでフロントが爆発するって言うのはありえないってことになります。ならどこでキック踏むとかかり易いんだ!ってなりますが、正直絶対だって結論はまだでていません。ただしあれからトッポジョージさんによるさらなる検証によりある程度の推論を立ててみました。まずキックを踏んで圧縮でキックレバーが重くなるところ、これはフロントでもリアでも一緒で圧縮上死点前のピストンが下死点から半分程度進んだところで止まるみたいです。つまりこの程度圧縮が進んだところで人間の足では下ろし難いほど圧縮の力は強いってことですね。で、ここから…キックを通常通りに踏む中途半端な圧縮で爆発エンジン始動と、なりますが一発打っただけで次の爆発までの2回転はとてもじゃないが回りません。そこで次の気筒の爆発の出番となります。フロントで打った場合であればリア、リアならフロントです。ただし、この次の気筒なんですがハーレーのエンジンの構造上の理由でフロントで爆発した場合リアバングが爆発するまでにフライホイールは1回転以下、360度以下の回転で圧縮上死点となり爆発しますが、これがリアバンクで一発目のキック始動となった場合、フロントバンクが爆発するには360度以上、一回転以上フライホイールが回らないと爆発に至りません。これと以前に書いたリアがキック始動に合わないネガティブ要素を上げると…...

2019年6月7日 5
回答しました
ダイナSの火花が飛ぶ領域(点火調整)

えー、上記の検証ですがやっぱりまだ府に落ちないところがある、ってより突っ込みがありました。ちょっと考えてからまた書きこみます。恐らくここでした結論は間違いかと

2019年5月29日 5
ベストアンサーに選ばれました
2019年5月24日 10
いいね!をもらった
2019年5月20日 10
回答しました
ショベルのプラグについて

5番、ないし6番を使うのはなんてんだろ、まぁ習慣みたいなものです。もともとハイパフォーマンス系のバイクが好きなんで、それに比べると4番ってのがあまりにもひくいんじゃね?と思ったんでずーっと5番とかを使っています。確かマニュアルでは4番を標準としていたと思います。過去に4番使ってくれって事がありましたが、コレはセッティングパーツがなくどうしても濃い状態でツーリングに行くって人がいまして、5番のままじゃあっという間にプラグが煤けて調子が出なくるって事がありました。なんで苦肉の策で4番を使ってもらったことがあります。こんな状況だとそれなりに効果があるのが面白いところです。ここの写真を見るとですね、オイルがプラグを攻撃している状態です。この状況であれば何番でもいいと思うんですけど、ちょっとでも電極部分が熱くなるように4番って選択肢は悪くないと思いますよ。絶好調であればプラグの熱価は極端な数値(例えば2とか8とかの上限、下限に近い数字)じゃなければ多分なんでも大丈夫です。ただし頻繁な番手の交換は継続して燃焼状態を確認するのには向いていません。コレと決めた番手をそのまま継続して使いましょう。つーわけで4番をバンバンつかってみてください。

2019年5月20日 5
いいね!をもらった
ショベルのプラグ

質問ありがとうございます。 あと、回答遅くなって申し訳ない。プラグですね。まずこのBP4ESってのはNGKの品番ですね。 末尾から2番目の「E」がプラグの長さになるので、BP4ESって品番であれば75年からぶっちゃけEVOまで使えるプラグになります。んで、真ん中にRが入るのは確かに抵抗入りって意味になりますが、これ性能にには一切関係がありません。...

2019年5月19日 10
いいね!をもらった
2019年5月19日 10
回答しました
1981年式ショベルヘッドのオイル下がり問題

ちょっと気になったので知恵袋見てきました(笑)いやー、相変わらずですね。バイク屋さんが答えにいかないのもなんとなくわかります。あそこ、商用や宣伝目的での書き込みは禁止(プロアンサーは逆で、商用と宣伝目的でバンバン書き込んでいただきたい)なんで、ちょっと書き込みに行くのはさけていました。けど…あそこで真剣にバイク屋さんが答えるのはやっぱり抵抗があるなー。もう別の世界ってか、そりゃバイク屋さんが好きになれないわけだわ。今度はOKWAVE見に行ってみます。げっそり疲れそう…

2019年5月19日 5
もっと読み込む
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お知らせ

ブログの最新記事

管理人のブログ

トップにもどる