回答しました
キャブレターとレギュラー、ハイオク

おはようございますになってしまって申し訳ないです。リンカートのセッティングの突然の狂いって感じでしょうか?えっと、読んだ感じだとセッティングがおかしくなって走行不能になるほどでもなく、大きな発熱とプラグのやけ不良だけど、前後の焼け比率が変わっていないって感じでしょうか?まずリンカートだと突如セッティングというより調子ががくっと落ちたりものすごく燃料が濃くなったりなんてトラブルは結構有ったりします。これは構造的ってかふるさから来ることが多いです。スロットル回りの減りとかなんかそんなので、突如猛烈に調子が変わるやつもいます。また、種類があまりにも多い上に、これもまた古さから来る話なんでですが、色々な年式の部品が混じってくんで有って、これが悪さをすることもあります。でもこのへんが原因だと明らかにおかしいとすぐに気がつくので、キャブの異常とかでは無いと思います。あとはガソリンですが、この辺にもちょっと書きましたがレギュラーとハイオクの違いはあくまでも対ノック性能なので、燃焼自体にはほぼ関係ないと言えると思います。なんで、ガソリンの違いによる燃調の差は今は考えなくてもいいんじゃないかと思います。てことで考えられる原因は、純粋にセッティングの狂いだとおもます。1947年のKnuckleってことで、純正であれば付いているキャブはM35とかM38?でしたっけ?この辺がついていると思うんですが、後期のリンカートM74Bと比べるとロースピードもハイスピードの両ニードルともセッテングが環境変化によってガンガン変わるって特徴?があります。また、74Bと違いどっちが先に計量していたか忘れましたがどっちがのニードルが先にガソリンを計量して、その後にかたっぽのニードルがガソリンを計量するって特徴があるんで、面倒なことにお互いのニードルがお互いを計量しあうというめんどくさい構造となっていたはずです。このおかげで、当時のリンカートをベストなセッティングで乗るのは割と至難の技だったりします。もう毎日、どころか乗るたびに両ニードルの調整です。これは古いリンカートには必要な作業になります。もし74Bがついているのであれば、ここまで頻繁なニードルの調整は必要無いんですけど、やっぱり普通のキャブに比べるといじりますねー。なんだかんだで1週間に一回ぐらいはついつい触るイメージです。ともかくリンカートはガンガンセッティングが変わる切ないキャブだと思って乗れば大丈夫です。メインジェットの交換までは必要ないともいますが、ニードル類を再調整してみてください。

2019年12月10日 5
いいね!をもらった
2019年11月24日 10
回答しました
アイドルスクリューを緩めてエンストしない場合の条件

CVの加速ポンプ周りはバラすようにはつくられていないですからね。当然作業性は悪いです。俺もあの辺の部品何回も飛ばしたことあります。バネが思いの外強くて割りピン入れようと四苦八苦してるとびよーんってとんでいくんですよねぇ…アクセルの位置はキャブによってもまちまちのハズなんであくまでも参考程度にかんげてください

2019年11月24日 5
いいね!をもらった
2019年11月24日 10
回答しました
アイドルスクリューを緩めてエンストしない場合の条件

加速ポンプロット!あるあるですねー。めちゃくちゃあります。もう何回あったかわかりません。またジワーッとアイドリングがおちるんですよね、あれ。で、アイドリングストッパですが、正直どれぐらいの開度でアイドリングしているのは細かく見たことはありません。ただキャブをO/Hにした後に組み付ける場合に大体2回転ぐらい回してくんでいます。大体ですが、これよりもうちょい回してアイドリングさせているような気がするので、おそらく2から3回転程度回したのがアイドリングになっているんじゃないかなと思います。ざっくりなんでなんとも言えませんが、こんな記憶があるって感じです。...

2019年11月23日 5
いいね!をもらった
2019年11月21日 10
回答しました
アイドルスクリューを緩めてエンストしない場合の条件

ガバナーというよりガバナスプリングが傷んでいる場合はアイドリングの音が変わるので多分わかると思いますよ。アイドリングの不調は他にも圧縮だったり色々するので、外堀をまず埋めてしまいましょう。それにしてもOリングの消失が本当に起こるとしたらぶったまげですよ。今まで入れ忘れだとおもっていのも、もしかしたら溶けてどっか行ってたのかな…...

2019年11月21日 5
いいね!をもらった
2019年11月21日 10
回答しました
アイドルスクリューを緩めてエンストしない場合の条件

まずニードル変えてミクスチャーに影響が出ることはまずないかなと思います。もしかしたらあるのかもしれませんが、切り分けて考えた方が吉です。んで、Oリングが消えるってことですが、これ経験ないですでね。入れ忘れはたくさんありますが…これがもし本当に消えてるようであればまずこの原因を特定しないと不調の根本的原因にたどり着けないと思います。一番最初に考えちゃうのがガソリンによって侵されて溶けてなくなるパターンですが、あのOリングリング自体当然ですけど耐油となっているので、これは考えづらい。もしガソリンで溶けるようであれば、考えれられるのが不良品です。でも今まで経験ないですし、流石の不良品でもまさかそんな物があるとは…思いたくないなぁ。次は熱によっての変質とか溶けて燃えるパターンかと思います。これは吹き替えしによるインマニ内の燃焼なんかだとありえるのかなと思います。ただし相当頻繁に燃えないと無いと思いますし、燃焼自体がミクスチャー部分に回り込むぐらいじゃ無いとないんじゃないかと思います。ともかく異常事態ですね。一度しっかりOリングを再度いれてちょっと様子みがいいと思います。アイドリングの部分は一度放置です。とにかくOリングが本当になくなるかどうかの注視が必要です。また、アイドリングが安定しない原因って簡単なところだと確かに2次エアーとかガバナの問題とかもありますが、カムだったりカムカバー内がおかしなことになっていても起こり得ます。いずれにしても総合的な判断が必要かもしれません。

2019年11月21日 5
いいね!をもらった
2019年11月19日 10
回答しました
エンジンは始動するけど走り出すとすぐエンスト・このトラブルは何が原因だと思いますか?

おそらく動画の中の方も前フリもなんにもないのでここまで悩んだと思いますよ。上で上げた事が原因だったとしても必ずなにからしらの前兆とか兆候ってかがありますから。このパターンだとトラブルの原因見つけてこんなことかぁぁぁぁ!!!!!!ってなる超単純なトラブルか思いも寄らない重症ってことが多いような気がする。

2019年11月19日 5
いいね!をもらった
2019年11月18日 10
回答しました
エンジンは始動するけど走り出すとすぐエンスト・このトラブルは何が原因だと思いますか?

楽しそうに走っているなってのが第一印象です(笑)いいなーそれはさておいて、トラブルの原因ですね。止まる直前や冷えたあとにどうなるか、音やその辺がわからないのでこれ!とはなかなか言えないんでこれかなって考えちゃう原因を適当にあげておきます。小さいバッテリー積んでいる際の充電不良ロッカーやバルブ周りのトラブルガソリンベンドSUのニードル緩みこんなところかなーと思います。でもこの動画だけだと難しいですよ。なんかなんの前兆もないみたいだし、とくに変な音がしているようにも見えないですし…その後どうなったかが気になります。それにしてもバイク乗りながら動画って結構撮れるもんですねー。風切り音もそれほどきにならないし、楽しそうな雰囲気バンバンでてて軽く嫉妬ですわ。こんなん

2019年11月18日 5
いいね!をもらった
2019年11月12日 10
回答しました
スチール板、フリクションプレートの状態

Aですねーレバー周りの足を乗せる場所だったり、座るポジションやハンドルなんかの都合で変わりますが、全体的にさっさとつながるほうが好みです。ただ、乗りづらいポジションのバイクの場合はレバー後半につながったほうが乗りやすいのもわかります。つながるまでの時間が結構あるんで、なんていうか構える時間ってか準備する時間があるイメージですね。

2019年11月12日 5
回答しました
社外キャブについて

0.295はでかいですねーいじってあるバイクでもちょっと濃いかなって感じだと思います。メインはとりあえずおいておいて、加速ポンプを止めてセッティングしてみてください。うまくいくことを祈ります

2019年11月9日 5
回答しました
社外キャブについて

はじめまして!質問ありがとうございます。えーっと、ショベルFX系ですが、これがまたノーマルだと前後の連結パイプも細く位置も悪いし、サイレンサーも小さく無理やり塞いで消音をしています。サイレンサーについてはEVOのもの同様です。FLは経路もサイレンサー容量も十分なため、排気効率って点ではFX系は最悪なんですね。んで、S&SのEはガソリンガンガン燃やして全開時で早ければ早いほどいいや!ってキャブです。って感じなんで相性としてはあまりよろしくないです。まずはスローのジェットをだけでも小さいものに交換してください。今入っているものより4番程度は落としても大丈夫かと思います。そこまでやっていい感じにならない場合は、サイレンサーの交換かキャブの交換になると思います。キャブは交換することでそのバイクの乗り味から性能、燃費までガラッと変化させるものです。乗り方によってはEキャブだと煩わしい面もあると思います。環境的に合わないようであればキャブの交換も視野に入れてもいいかもしれません。

2019年11月9日 5
いいね!をもらった
2019年11月1日 10
回答しました
アイドルスクリューを緩めてエンストしない場合の条件

補足です。CVの場合、スロットルバルブの問題は殆どないので全閉状態でもアイドリングするのはアイドルミクスチャーから空気とガソリン吸ってる可能性もあります。原理的なのは気になるところですが、いずれにしても異常とは言えない問題ですのであんまり気にしないが吉です。

2019年11月1日 5
いいね!をもらった
アイドルスクリューを緩めてエンストしない場合の条件

アイドルスクリューですね。ミクスチャーのことかと思った。これを全閉にしても止まらないは…まぁありますし、おっしゃるとおりスロットルバルブが開いていて、多少でも空気が送り込まれいる状態か、2次エアーを吸っている可能性のどちらかです。で、こスロットルバルブがわずかに開いている問題はメーカー側の設定ではなく組み付け不良というか、誤差というか、ともかくメーカーが狙った状態ではないです。このスロットルバルブの取り付け問題はリンカートではすでにセッティングといえるぐらいの必須問題ですし、ここ近年では2000年代のインジェクションの調整なんかでも触る必要性があったりと、古くから誤差がアイドリングやなにかに悪影響を及ぼしています。ともかくスロットルがキャブ本体のストッパーで止まる状態=全閉のの時はスロットルバルブ完全に閉じているべきであり、その状態でアイドリングするのは正常じゃないかなぐらいに思っていてください。ただし、普通に使っていてこの程度の事が問題になることはまずありませんのであまり心配しなくても大丈夫です。むしろ2次エアーを疑ってください。うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!スロットルバルブ調整だぁぁぁぁぁあああ!!!ってならないでくださいねー...

2019年11月1日 10
もっと読み込む
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お知らせ

ブログの最新記事

管理人のブログ

トップにもどる