0

以前から気にはなっていたのですが、CVの油面をしっかり規定値に調整しても、いつもフロートボールを外すと溢れんばかりのギリギリの高さまでガソリンの量がきています。正確には車体を傾けた状態でフロートボールのネジの2本目?3本目?を外した瞬間にガソリンが漏れてきます。

これが原因でフロートボールのOリングシールがすぐだめになって無駄な出費をしている事に今更ながら気づきました。数回開けただけでOリングがだめになるのは、これが原因なのかと・・・

調べた所、初期CVはしっかりマニュアル通りの規定値に合わせてもガソリン溢れんばかりのギリギリとあったので正常だと理解しているのですが、ここで疑問があります。

油面フロートは、どのくらいまで下げてもアイドリング~運転に影響はないものでしょうか?
規定値が18.5mmだとしたら、どのくらいまで許容範囲でしょうか?

よろしくお願いします。

さんが回答