0

プッシュロッドとカバーのOリング

自分のプッシュロッドカバーは画像の上部に溝がある79年~81年タイプ?だと思っているのですが、36年~79年前期のコルクタイプのOリングは使えるものでしょうか?プッシュロッド関係で3箇所あるOリングでは、どの部分が一番ヘタリやすいでしょうか?

プッシュロッド本体のロックナットが少し舐めている事と調整がやりづらいので、もし今後購入するとしたら社外品では、どれがおすすめになりますでしょうか?

自分でも探してみたのですが、どれが使いやすいでしょうか?

耐久性と頻繁に調整する場合に調整しやすいのは、どれになりますか?

SIFTON製
https://www.gutschrome.jp/category/engine/820

S&Sのクロモリ
http://www.neofactory.co.jp/product_detail/022559/

S&Sセット
http://www.neofactory.co.jp/product_detail/013199/
上記に付属しているネジが調整しやすいそうにみえるのですが、
S&Sは既に持っているコンバージョンキットもセットものしかないんですね。

Eastern Motorcycle Parts
http://www.neofactory.co.jp/product_detail/017355/

よろしくお願いします。

さんが回答