0
Webサイト 所在地:三重県四日市市

こんにちは。47FL、リンカートM74B、純正デスビのポイント点火です。

点火タイミングを確認したところ、遅れ気味だったので、デスビを早くなるように進めました。

進め具合としましては、ベースプレートを約5ミリぐらい進めた感じです。

そしたら、ストップ&ゴー、低速、アイドリング辺りでは煤が付いてきますが、約70キロ~の巡航が続くと綺麗に煤を焼ききってくれるようになりまさた。(燃調はさわらず)

マイナス電極、プラグ内部の内側には煤が付きますが、碍子部分には煤が付かない、または、半分くらい煤が付いて、あとは白じゃないけど、キナリ色か薄い狐色みたいな感じになりました。

調整前はほぼプラグは、どのような走行状態でも煤が付いた状態で、ややフロントシリンダー側が煤の付きが多く、プラグ汚れによるクシャミやギクシャク感が出ることがたまにありました。

これらをキャブレターのセッティングが原因だと思ってましたが、点火タイミングを調整したことにより、症状が無くなりましたので、点火タイミングの遅れからくるものと思いました。この認識は正しいでしょうか?

また、エンジンの熱の持ち具合も、少し下がりました。10℃~15℃ぐらい下がった感じです。ここ最近の30℃ぐらいの気温でも全然余裕で、自動車専用道路で80キロ~90キロぐらいでも元気な走りをしました。


また、自分では意識してなかったですが、後ろを走る友人が、いつもより出だしがスムーズで速いと言いました。

また、燃費も気持ち1キロぐらい上がった感じです。エンジンのかかり具合もコールドスタートでも、休憩後でも1発か2、3発でかなりかかり良いです。始動時のデスビ位置は以前より、遅角位置になりました。(以前はわりと進めた位置の方がかかり良い感じでした)

ただ、進角を最遅まで遅らせると、クシャミして止まってしまいます。この際には、マフラーから黒煙が出てきます。

前に管理人様からアドバイスを頂いた、点火タイミングによる燃調の変化がこの形になって現れてるんでしょうか?

よろしくお願いします。

さんが回答